iPhoneを簡単に機種変更する手順のゆるいまとめ

Pocket

モバイルデータ通信をOFFにする

バックアップを取りましたので、機種変更までの間、データの受信を防ぐために止めておきます。この間にデータを受信したものは、機種変更後にバックアップを適用した際に、失われることがあります。

ショップで移行手続きを行う

いよいよショップで手続きを行います。半日仕事です。この後は、新しい電話を受け取り、旧iPhoneは解約が実行され使えなくなっています。旧iPhoneが程度のよ良いものであれば、キャリアの下取りに出さずに、メルカリ等でCtoCで販売したほうが高く売却できます。

バックアップデータを戻す

パソコンに取得したおいた、バックアップデータを戻します。これで起動すれば、90%は移行に成功しています。アプリのアイコンや中のデータが、旧iPhoneのまま元に戻り、驚くことでしょう。
キャリアを変更した場合は、キャリア固有のアプリなども新iPhoneへ引き継がれますが、たいていの場合使えませんので、削除します。

キャリアメールの受信設定を行う

新しいキャリアでメールを取得できるように、設定を行います。知人への連絡で使用するアドレスは、日ごろからGmail等を使っていると、キャリアを変えても何も困りません。

アプリのデータを戻す

移行設定しておいたLINEやゲームのデータを新しいiPhone側に引き継ぐ対応を行います。

申し込み時に加入していた不要なサービスを停止する

キャリア移行の際に、お約束などで追加していたオプションなどで不要なものは解除手続きを忘れないうちに行います。

iPhoneの旧機種をメルカリ等で販売する

「iPhoneを探す」の解除や、残債が無いことの確認、初期化などの対応を行い、出品して販売します。最近は格安SIMも種類が豊富になっていますので、中古でも快適に、低コストで使うことができますので、スマホの中古市場は活発です。

それぞれの詳細な手順は他のサイトに任せて検索で調べるとして、簡単に対応事項をまとめてみました。iPhoneを機種変更して新しいモデルに変えた時に、データが消えていたり設定をやり直している人が少なくありません。役に立てばと思います。